theoria(テオーリア) まるみの 湯気の向こうに 見えるものを心の眼差しで観想する 小さな旅へのいざない

おいしい思ひ出 10

文字サイズ:

(文字を大きくしたい場合は、右上のボタンをクリック)









八重洲 「玄界灘」



おいしい思ひ出

「がめ煮、うまいんです、おふくろの味、思い出しちゃうんですよ。
よく味がしみててね。で、年に1~2回行くかな…

いや~ 安月給ですからね、そう度々行けませんよ。 え? あ、全然高い店じゃないですけど。
なにせ最近では禁煙しろってタバコ代もくれませんからね、うちの女房。
郷里同じなのでうちのやつも作るんだけどね、なんか旨くないんだねぇ。

やたら<健康にいい>が口癖で薄味志向なんだけどね、味がしないってだけで旨くないねー
味噌汁もうすいしさ…」



おいしい思ひ出

「肉じゃがやらオカラやら作っても旨くないから子供も食べないんだ。
残りもんはみんなこっちに回ってきてね…
料理下手なんですよ、どの料理も味がしないね。20年間俺もよく食ってますよ。

子供? 一番上が高校生の男3人です。食べざかり。子供らは焼き肉が一番好きだね、タレの味がしっかりあるからさ。
そんときは生野菜もタレに付けて喜んで食べるんだけどねぇ」



おいしい思ひ出

「一度行ってみてくださいよ、俺のおふくろの手作りみたいな味ですよ、あそこのがめ煮」



おいしい思ひ出

「味が濃いってわけじゃないんですよ、少し甘めで野菜もコンニャクもしっかり味がしみてて、鍋いっぱいでも食えますよ」



おいしい思ひ出

「大アジの開きも旨いですよー、脂のってて。
1人じゃ食べきれないから2~3人で食べるんですけどね、そのくらい大きいんです」



おいしい思ひ出

「たまに郷里の連中が集まって飲むんだけどね。
いや~ みんなそうそう帰れませんや。九州までの足代考えると。俺も8年帰ってないもん。

女房と子供は年1回帰してるけど。
4人の交通費と土産代で、その月は毎日コンビニ弁当と吉野家です」



おいしい思ひ出

「たまにおふくろの手料理、恋しくなるね。
え? おふくろ? 元気です。78歳ですよ、ええ、血圧ちょっと高いけど有難いことに元気です。

行ってみてくださいよ、俺のふるさとの味です。 電話番号… あ、ネットで調べる?
そうか、最近は便利だね。

あ、ありがとうございました、またよろしくお願いいたします、またお電話ください。

それでは失礼いたします。ごめんください」









すずめや 最中



おいしい思ひ出





午前中にすっとんでいって<すずめや>でどら焼き買ったら、初めて見る最中も売っていたので、それも3個買ってきた。


おいしい思ひ出





あれ? 
どらの餡、少々減ってない? 気のせいか?




おいしい思ひ出

気のせいかも。これだけ少なかったのかもね。
まあいいや。最中いってみます。150円也。

おいしい思ひ出

こぶりが2本きっちりくっついています。
見た目、なかなかよし。

おいしい思ひ出

1本はゴマとクルミが入った餡。

おいしい思ひ出

もう1本は粒餡。

うーむ… 味はそれほどではない。皮もそれほどではない。
して、皮と餡のバランス、イマイチね。

最中の皮って大事なんだねぇ。
皮のうまさ最強の<藤斎>食べちゃってるからな~
<藤斎>去って、最中づいてる私は久しぶりに<たねや>の2色最中も食べてみたんだけど、柚子餡はおいしかったけど皮は<藤斎>の勝ち、でした。

私の中では最中はいまのところ
西の<藤斎>   東の<梅花亭>  ですねっ。

おいしい思ひ出

食べてるうちに 口の中でガリッ といったものがあった!
口から出したら、ほぼ生の小豆だった。


やばー!!!  いま歯医者に通ってんのよ! ウイークポイントに攻め込まないで!








Get and Keep



おいしい思ひ出



<馬車モツ>2回目の人が頼むものって、私らのお定まりと全然違うの~

へえ~~~ 「前菜盛り合わせ」だって。
へえ~~~ こんなのがあるんだ~~~
カボチャのムース・オリーブオイル ニョッキ入り(この北海道のカボチャは私が半分あげたやつだそうで~す)、白身魚のフライ、ナツメの詰め物、生ハム、魚介のパテ ってところです。
初めて見ます、新鮮ね~

じゃ、安い白でも1本開けますかね!

「おかあさーん!安くておいしいやつっ!」
って言ったら
「3,800円のこれ、毎日でも飲めてスッキリしてておいしいよ」
ってんで、それお願いしました。名前も覚えずラベルも見ず。



おいしい思ひ出



これは桜エビ入りのふわふわオムレツみたいなもの。
白ワインとよく合うわ。

確かにこの白、毎日でも飲めるスッキリ系。
毎日でも… 飲める… デイリー… なお味…


うーん……… あーん………



おいしい思ひ出



レバーのパテなんかつまみながら…
(これともよく合うんですけどね)


そう、たまには!!!  デイリーなお味じゃない、とびっきり!ってのが
自腹でなしに、飲みたいなぁぁぁぁぁ

「久しぶりに会ったんだから、<オーパスワン>でも開けましょうかね」
とか言ってくれるおじさん(もはやおじいさん?)を
Get and Keep しておくのであった。

後悔先に立たず、の年の瀬。









<藤齊>の最中



おいしい思ひ出



2~3日に1回はブクロの東武デパ地下通るんです。家路への通路ですからね~

変わり映えしないけど、時々期間限定で出店する店があり、なにかな、なにかな??
<鮎屋>が<藤齊>という菓子屋を作ったらしい。へ~~ 買ってみるか。



おいしい思ひ出



あっ! 猫が写った!

彼女は最中の皮好きなんです。

大昔、貰った最中の箱を開けっぱなしにして外出したら、
紙を食いちぎって箱に入っていたほとんどの最中の皮をバリバリに食われてしまい、
泣けてしまった悲しい思い出があるんです。



おいしい思ひ出

抹茶、クルミ、紫蘇、ゴマ、素焼き、の5種類あって、
餡でなく皮にそれぞれの味がしっかりと付いている、斬新な最中で気に入りました!



おいしい思ひ出

最初ちょっと甘いかなと思ったんだけど、皮とのバランスがちょうどよく、
とくに皮に使われている上質の抹茶のほろ苦さと香りは、
粒の大きくて柔らかな小豆餡と相俟って、たいへんおいしいんですのよ~



おいしい思ひ出

大きいから半分は後で食べようと思うんだけど、結局食べてしまうんです。
(何のために半分に割るのか? あ、そのほうが食べやすいからよね、などと… )

同じ滋賀の<たねや>よりもリーズナブルで、このところデパ地下通るたびに買っている。

ちょっとね、これ、まずいかもね…

11月16日までの出店なので、
やばい!早くいなくなってくれ… という思いと、
いなくなったら寂しい!という思いが、せめぎ合う今日この頃。









バターナッツのポタージュ



おいしい思ひ出



帯広から抱えて持ってきたバターナッツを裏ごししてポタージュを作りました。

正確にいうと、裏ごし器は前回の引越しの時に捨てちゃったから、
ちょっと考えた挙句、金属製のザルでやってみました。

自分で食べるんだからそれでいいの~



おいしい思ひ出



玉ねぎ少々入れて、コンソメスープで茹でてから、熱いうちにえいやっとザルにあけて木べらでグイグイとこしました。

香りがね~ いや、いいんですよすごく!
鍋に入れてミルクで割って出来上がり。ちょーシンプル。

ポタージュっていうより、これはピューレね。
飲むんじゃなくて食べるの。

生クリームたっぷりかけて… カボチャよりもクセがなくて、
玉ねぎ抜きでバターナツッツだけを裏ごししてゼリーで固めたら、パンプキンプリンになるわねっ



おいしい思ひ出



おお~ なんというかね~

恵み! 地の恵み!
純粋に、大地の、野菜の、味!

いただきました。ありがとうございます。







帯広 オランジュ

おいしい思ひ出

帯広で評判のいいフレンチレストラン。
サイトを見ると、東京から帯広に行ってレストランを作ったシェフらしい。

私にはとてもとても納得できる。



おいしい思ひ出

野菜って、牛乳って、チーズって、お肉って、
こんなにおいしいものだったんだ! と、気付かせてくれる十勝平野。

収穫の秋、帯広の野菜を使ったコースが10月でも食べられるか電話したら
「葉物は少なくなっていますが、そのほかの野菜はまだ十分ご用意できます」
そう、私たちはおいしい野菜に飢えている!

十勝の野菜と十勝牛を使ったコースは5,000円。 安くない?




おいしい思ひ出

アミューズ、トマトの赤が美しい。下はニンジンのムース。



おいしい思ひ出

ひと口食べると、トマトの香りと甘さと控えめな酸味が口いっぱいに広がり、
その野菜の持つエネルギーに圧倒されるような気がした。

私は記憶にないのだが「あ~  涙出そう…」 とつぶやいたらしい。
悲惨な食生活のまちこはそれを聞いて、その言葉に誘発されて涙が出かかったらしい。

ゆっくりとスプーンで食べ終えて、私はしばし放心した。



おいしい思ひ出

ホタテの貝柱もおいしいけれど、たくさんの野菜たちの饗宴の一皿だった。
グラスワインも軽めの味で、そつなくおいしい。



おいしい思ひ出

気温が低くなってきていてもまだまだ元気なカラシ菜、新鮮なレタス、
オリーブオイルの代わりに菜種油をパンに付けて。

音更で採れた菜種油と聞いて「ちょっと重いんじゃないだろうか」と思ったが、
重さは感じず、岩塩と胡椒を利かせたその油をパンに付けると、メリハリのあるむしろ優しい味わいとなる。



おいしい思ひ出

ジャガイモとブロッコリーのポタージュ。

ジャガイモの控えめな香り、たいへん上品な仕上がり。



おいしい思ひ出

牛肉特有のくさみを消すために、ハーブを与えて育った牛肉ですって。

食べるものによって肉質もにおいも変わるんだ。
人間だってきっとそうよね。




おいしい思ひ出

粒のマスタードの食感とかすかな酸味、何種類かの野菜のピクルスの酸味、
それらによく合った甘味を感じるソース、そしてこんがりソテーされた柔らかなお肉。

グラスの赤ワインもすごくおいしいのをサービスしていただき、
このプレートに合った、かすかな皮のにおい、乾草のにおい、そして心地よい渋みに陶然としました。




おいしい思ひ出

デザートもたっぷりとしたプレートで嬉しかった~~~

塩キャラメルのアイスクリーム、下のブラマンジェにはバニラビーンズがたくさん。
音更の露地物のちっちゃなイチゴ。カスタードソース。




おいしい思ひ出

こんなに小さなイチゴを摘んでデザートに使うなんて、そんなのは多分農場主の特権。



おいしい思ひ出

うれし涙も乾き、2人で顔を見合わせて、

おいしかったね~  し・あ・わ・せ!!  と、にっこりした帯広の夜。









栗の渋皮煮

おいしい思ひ出

ふぉ~~~

シーズン到来よっ!

「たねや」の<栗月下>に走る前に、Kinokuniyaで栗の渋皮煮を見つけちまったっ!!



おいしい思ひ出

熊本産。5個で780円。ちょっと高いけど大きいの~~~



おいしい思ひ出

栗の渋皮煮って、島根で初めて食べたのね。

小屋原温泉の熊谷旅館 と 三瓶温泉 湯元旅館で。

あのときのいい思い出とともに、おいしさが甦ってきた。

そんなに甘く煮つけておらず、渋皮のかすかなえぐみもとてもおいしい。
ほろっと崩れるくらい柔らか。



おいしい思ひ出

ああ…
遠い苦みやアクやえぐみって、味覚の大切な要素だわ。と感じる。




そして…… そう、思い出も大事な要素なのよね。







茂助団子


和菓子が家にないと落ち着かないんですぅ…

おやつ兼主食…

大塚に住んでいたときから利用してるので、もうブクロのデパ地下飽きちゃってねぇ。
リニューアルしても都内のデパート変わり映えしないし。

さりとてこの暑さ、買い出しに遠出する気力もなし。
しかし通勤路だから、東武デパ通って帰るか。

そしたら端のほうに期間区切って出店してるところで、見慣れぬ団子屋発見。

<茂助団子> ?  知らない。  築地魚がし…
しかしな~ 暑いからな~ 団子は涼しくなってほうじ茶すすりながら、ってのがいいんだけど。



おいしい思ひ出



眺めていたら団子にこし餡と粒餡とみたらしがあった。
へえ~ こしと粒とがあるって珍しい。買ってみるか~

パックから出したら、すごく丁寧な作られ方をしていた。
うまそっ! こっれは当たりかも!
おいしいものは当然目にもおいしい。



おいしい思ひ出



食べたら、甘さはとても控えめ、優しい餡で、
団子の味に特徴がある。
団子粉ではなくキリタンポの味を思い出すような米の香りがして、
食感も遠くに米の粒を感じるようなお味。2本ペロッとおいしくいただいちゃいました~



おいしい思ひ出



職人がいろいろ工夫してるんだろな~きっと。 家族でやっているのかな?


小さい時から、育った場所柄職人の仕事を見ているのが好きだったの。

裏の鉄工所で火花が散る溶接を見ていたり、
そのもうちょっと奥の染物屋さんが浴衣の洗い張りして干しているのを見たり、
斜め前の経師屋さんが何枚も襖張り直しているのを見たり、
小学校のそばの水道屋さんで水準器に触らせてもらったり、
友達の家の米屋さんで大きな精米機が動くのをじーっと見ていたりね。

なんかいいよな~職人の仕事って。

団子屋に嫁に行ってさ
「あんた、今度みたらしのタレの中に、ローストしたアーモンド散らしてみようか、おいしいかもよ」
「うーん… たいがいにしとけよ、おまえのやることは時々ひどいのがあるよ」
「そんなことないわよ!まあ、たまにはあるけどさ。やってみなけりゃ分かんないでしょ?」
「そうだな、のれん穢さなけりゃいいよ」
「まかしといて!」

ってね~

あー ………

この歳になって、職業間違えたことに気付いたわ。




おいしかったので、その後また買ってきて食べちゃった。
団子のほかに粒餡入りの草餅もあって、これもいけてました~

よく見たら、築地魚がし「福茂」 という店名でした。
団子にしか目がいかないわたくし。










BLUE SEAL のアイスクリーム

おいしい思ひ出

このあいだ沖縄のアンテナショップ<わした>で黒砂糖を買ったときに、時間がなくて奥で売っているBLUE SEALのアイスクリームを食べられなかったの。

欲求不満になって都内で食べられないか探したら、なんと池袋・サンシャインの地下に最近売店ができたらしい。
で、行ってきました。

おいしい思ひ出

ここよ、ここ!
東急ハンズの真下。

この場所、昔はスカーフとかの小物を売ってる店だったけど。

いや、なかなかはやっています。

おいしい思ひ出

ダブル400円を頼むと、
「いま、シングルもう1個おまけですが」と、おねーさんに言われてビビる。

「そんなに食べられないから、2個でいいです」

遠い記憶にある味は甦ってこなかった。

というより…

途中から私は何を食べているのかよく分からなくなってしまった。





おいしい思ひ出

私の目の前には、地上に向かうエスカレーターと地下に降りてくるエスカレーターがあった。
大勢の人間がそれに乗って上下していた。

このエスカレーターに乗って、あの青年は地上に向かい、東急ハンズの前の道路を走りながら見ず知らずの人々を刃物で殺傷していったのだ。
エスカレーターに乗っている時間、長い、あるいは短いその時間、彼の胸のうちには何が去来していったのだろうか。

あの事件は…
それからの日本の犯罪の様相を変えてしまった。

BLUE SEALのダブルのアイスクリームは、この日の私にはハードすぎた。



おいしい思ひ出







でもって今日は残業だわね… 震度3の地震もあったし。
御成門で地震に遭ってブクロまで歩いて帰る羽目になったら、嬉しくないね~

(そうか! 帰りに銀座まで歩いて黒砂糖の追加の買い出しと、そしてBLUE SEALのソフトクリーム食べちゃおう)
と、残っている仕事に向かって心を奮い立たせたのであった。



やっと終わった~
東京タワー、良く見えるのよ、この辺。


おいしい思ひ出

芝公園から新橋に向かう。

おいしい思ひ出

けっこう暗いのね。
人通りもまばら。

新橋が近い。あ!新幹線が通っています。
ガード下の飲み屋は焼き鳥のにおいに満ち満ちている。あまり人は入っていない。

おいしい思ひ出

烏森から銀座口のほうへ、そして土橋からリクルートの前を通り、そうね、なんとなく人が少ないね。

おいしい思ひ出

ひょろっと何だか頼りなく揺れる柳並木。電通の前を通り、せっせと数寄屋橋を目指す。

焼き鳥と煮物のにおいがこの辺にも漂っている。

おいしい思ひ出

数寄屋橋、ソニービルの前で信号待ち。

うーむ… 不況だねー!
ブクロ以外東京では出歩かないから実感ないんだけど、夜7時過ぎの銀座の人の少なさにはちょっとびっくり。

おいしい思ひ出

「フレッシュソフトクリームは午後7時30分で終了します」と書いてあって
時計を見ると7時28分!!!

ギリでセーフ!

<ぬちまーす(ミネラル豊富な塩)入りソフト>頼む。

450円。  なに?! 450円?!

おいしい思ひ出

すごくおいしかった。
気温27℃、湿度80%くらいの道を40分歩いて汗だくとなっていたから、とってもおいしい。

塩辛さはなく、さっぱりしている。が、高い! コストパフォーマンス悪し。



乳製品はやっぱり北海道に限るわ~  と再認識したのでした。









沖縄の黒砂糖

おいしい思ひ出

このところ銀座に行くと沖縄県のアンテナショップに足を延ばして、
黒砂糖の買い出し。

それぞれの島で作る黒砂糖は、同じサトウキビという植物から作られているのに
味も香りも形も違う。



おいしい思ひ出

まず袋から出すときの、指先に触れる感触が違う。



おいしい思ひ出


口に入れると一番最初に感じる味や、溶けていくスピード、
広がる複雑な甘味や酸味やほろ苦さ、舌の上で小さくなりながら転がる粒の形、
そして喉を通っていったあとの香りと、あっさりと消えていく甘さ…



おいしい思ひ出

全部違うよ~!!

それはちょっと感動的。
どの島のも、おいしいと思う。

そのうえそれぞれをゆっくり味わっていると、自分の好みも分かってくる。
「あ! 波照間産、ちょー好み~」 「うん、粟国も好き」 とかね。



おいしい思ひ出

上質で控えめな味の西湖・龍井を合いの手に飲んで、
1粒ずつ島めぐりを楽しむの。

それぞれの島の、その土地にはえているサトウキビと、
そのサトウキビを作る人と、そのサトウキビから黒砂糖を作る人が見える…



おいしい思ひ出

あ~ 沖縄行かなくてもいいわ~

ざわわ~ ざわわ~ ざわわ~~~



おいしい思ひ出

それはそうと、千葉でサトウキビを栽培したら意外にイケタらしい。

テレビで「冬の気温が高くなってきたから栽培したらうまくいきました」と、作った人は言っていました。

マンゴーやらスターフルーツ、パッションフルーツにドラドンフルーツなんかも栽培してみたらいい果実が実ったんだって。



近々、千葉でも

ざわわ~ ざわわ~ ざわわ~~~ と歌われるようになるのかもね。











館山海の物産センター <銀座 船形>

おいしい思ひ出





ずーっと新鮮なお魚を食べてないんですよぉ。
悲しいじゃありませんかぁ。

いやー うまい魚食いたいわ! 
ってんで調べたら、
館山・漁師直送ってふれこみのこの店、いいかも。

弟と7時に待ち合わせ。

入ったらその辺じゅうおじさんで埋まっていた。
これはますますいいかも~!




おいしい思ひ出

まず「お通しです」って、これが出てきたの。
へえ~~~ <自信アリ> ですね?!

したらさ、 うまいのよね~!
私、あんまり生もの食べない。東京で刺身定食とか、食べられん…

その私が、無謀にも、奥の右上、からしがちょっとのっている鰹の刺身を醤油も付けず、そのまま口に入れてみました!
パンパカパーン!!! 合格で~す!!!



おいしい思ひ出

これは期待できますよ~ん(顔、ニンマリ)

イサキの塩焼き。

魚料理は、塩焼きが一番好き。
小ぶりでちょうどいい大きさ。熱々の、身が締まってとびっきりの新鮮感。
うまい~~

おいしい思ひ出

「さざえです。海水と同じくらいの塩水に漬けてあるのでそのままで。足りないようなら醤油を」

生? えー 大丈夫かいな……

コリコリの食感と、柔らかでほどよく粘る食感。
遠い海の懐かしい香りにのって、なんとも優しい味わいだった。


2人で「もう残っていないか」と、スプーンでかき回して底をさらう。



おいしい思ひ出

金目の煮つけ。
醤油の色を見て味が濃いのでは? と思ったが、さにあらず。
醤油のかおりはするがあっさりとむしろ薄味。

煮魚によくあるような味醂と砂糖の気配はなく、金目の脂とほどよく合っていた。



おいしい思ひ出

「釧路のシシャモ、焼いてみました。熱いうちに」と言われて
あら、釧路? ふーん、番外ね。

しかし、味醂づけみたいなもので、ちょっと焼き過ぎ、硬くなっている。
これはご当地ものじゃないから扱いが下手で失敗作、ですね。



おいしい思ひ出

青紫蘇の間に魚の粗いタタキが挟んである。
「これなに? 鮪?」「いや~分からないけど、うまいね~」

紫蘇の香り爽やか、ハフハフいいながら、なんの魚かも不明なままおなかに消えていってしまいましたわ。



おいしい思ひ出

千葉の地酒もおいしいのよ~

フルーティーで飲みやすいのに、ガシッとした強さがある。



おいしい思ひ出

「地元の野菜類です」

あら、ズッキーニって生で食べるとこんなに甘くておいしいもの?
キュウリもパリパリで嬉しい。



おいしい思ひ出


〆は「鯛のまごちゃ漬けです」

呑ん兵衛の〆には多分ちょうどいい塩加減だろうが、私にはやや味が濃い。

けれど鯛、うーまーいー

あ~   久しぶりにまともな魚を食べた喜びに打ち震えちゃった!









救世主 <白くま>

おいしい思ひ出



東京電力の 「節電のお願い」 のコマーシャル見ると、むかつく~~~~!!

うちなんかたまに人が来ると「暗いね~」と言うくらい電気使ってないのに、
これ以上どうやって節電するんだ!

しかしなんか悔しい…から
クーラー極力使わないで、見てみろ!去年と比べて25%減らしてるわい!!

でーもー、

あ~つ~い~

この夏の救世主<白くま>!!



おいしい思ひ出

この九州産の氷菓、最近これにハマッているんですのよ~

以前はカップのしかなかったんだけど、バータイプが出た。
一部のコンビニにはもっと小さいバーの箱入りがあるけど、やっぱこれね!



おいしい思ひ出



このドーンと重いのを1本食すると、全身冷えますわ。

安いミカンと安いパインの甘酸っぱさ、小豆の粒の食感と甘さ、練乳とシャリシャリ氷のバランスの良さ。

126円の北極よ~!

内容にバラつきがあって、「あ~れ~ これ、小豆少ない!」 とかっていうのもご愛敬よね~









池袋 <福茶>

おいしい思ひ出

おいしい日本茶を淹れてくれる甘味処である。

ちょっとブクロでは意外でしょ?
あるのよ~

おいしい思ひ出

ここは老夫婦がやってるお店で、デザート類もおいしいの。
デザートを2種類頼んで700円。

杏仁豆腐の中の果物も吟味されていて、本日のスイカもとてもおいしく嬉しい。
煎茶とセットにすると900円。
煎茶、玉露が数種類あって選べる。


おいしい思ひ出

そして丁寧にお茶を淹れてくれて、2煎目から自分で淹れるお湯の入れ方も説明してくれる。
たまに煎茶のおいしいのを飲んじまおうか!ってときに行ったりする。

自分で高い煎茶を買って飲むっていうのは、なかなかしないから。
紅茶や中国茶は、けっこう高いのを買って飲んでるんですけどね、それくらいの贅沢してもいいじゃ~ん!
日本茶は後始末がめんどうなのね、茶殻が急須にへばりつくから。

おいしい思ひ出

おいしい杏仁豆腐とおしるこをいただいてから、
ああ、日本茶っておいしいなあ。ゆっくり味わう。

このほろ苦さの爽やかさ、その後口に広がって残る甘さって、
世界にお茶は様々あれど、これは日本人が極めたお茶のうま味ね~

うんうん。









六花亭 <カラフル・マンス>

おいしい思ひ出

六花亭の新商品「カラフル・マンス」

六花亭ではいままでこの丸くて薄いタイプのチョコレートがあったんだけど、イマイチだったの。
これはその進化系。 いけてるよ~!

おいしい思ひ出

薄いからすごく口どけがよくて、フルーツや抹茶、メープルなど、それぞれの味がくっきり濃くて
香りもすごくあり、お気に入り。
1種類ずつ全部食べるの。5回楽しめる。

おいしい思ひ出

そんなにチョコレート好きじゃないんです、私。

とくにトリュフ系統は、たぶん生クリームの鮮度に過敏なので、1個400円の高級チョコレート食べて気持ち悪くなったりするのね。
だから<デメル>の猫ラベルくらいしか食べないんですけどね、
この「カラフル・マンス」は大好きでーす!

空港には置いていない。新千歳にはあるかな? 最近行ってないから分からないけど。
函館空港はなかったような…  帯広や釧路、女満別にはありません。
空港で確実に買えるのは「マルセイバターサンド」とドライ苺にチョコレートコーティングしたやつくらいよね。

おいしい思ひ出

空港の売店では新商品や日持ちのしないものも置いていないし、やっぱり実店舗でゲットするしかない貴重品よ~

あ、通販はしてますよ、クール便で。 夏は溶けちゃうからね~







powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional