柴原鉱泉 菅沼館

(2009年9月11・12日 1人泊 @5,600円 連泊時は3食付き)



柴原鉱泉 菅沼館

久しぶりに湯治宿に泊まるときに旅館ボケしていると、ギャーッとなることがある。
湯治必携アイテムを忘れるのである。

あーーれーー … 歯ブラシ&歯磨き忘れた とか。

柴原鉱泉 菅沼館







どこかで調達できればいいが、おおむね湯治宿は野中の1軒宿というところが多くて、
宿に到着してから自分のうかつさに舌打ちしたりするが。


柴原鉱泉 菅沼館

ここのところ湯治宿づいているので、本日はパーエクト、のつもり。

柴原鉱泉 菅沼館







最近は宿によってはタオルや歯ブラシや浴衣が付いているところもあるので
電話で予約時に一応確認。
もしあれば、荷物になるものは置いていく。


柴原鉱泉 菅沼館









この宿は、それらがない昔風の湯治宿なので、すべて持ってきた。


柴原鉱泉 菅沼館

西武秩父駅から歩いて3分ほどの、秩父鉄道・おはなばたけ駅から終点の三峰口駅に。

柴原鉱泉 菅沼館

地図を見たら武州日野駅から歩けそうな距離だったが、電話時女将さんが
「三峰口駅はタクシーがあるので、それに乗ってください」とのことで
初めてなので従うことにした。

柴原鉱泉 菅沼館

歩いて宿に着きたいのでタクシーの運転手さんに
「ちょっと手前で下ろしてください」   駅から10分、1,700円ほど。

柴原鉱泉 菅沼館

ゆったりとした下り坂をおりること5分。
名の知れた2軒の宿の前を通り過ぎ…

柴原鉱泉 菅沼館





柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館



裏の小さな橋を渡ると、目の前。


柴原鉱泉 菅沼館




「湯治宿 菅沼館」という控え目な木の看板がある。


柴原鉱泉 菅沼館

勾配のきつい坂を登る。




柴原鉱泉 菅沼館

正統湯治宿の造り。



柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館

玄関を開けると、ふっと硫黄の香りが…

これは期待できそう!


柴原鉱泉 菅沼館

正統湯治宿の廊下。

柴原鉱泉 菅沼館

いちばん眺めが良く、いちばんトイレからは遠い部屋。


柴原鉱泉 菅沼館

本日の私のお部屋。6畳。

柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館






さっき通ってきた「かやの家」と「柳屋」の裏側が遠目に見える。


柴原鉱泉 菅沼館

女将さんがポットを持ってきてくれて、お茶を淹れてくださる。
本日私1人だとのこと。

夕食は6時、朝食は7時半、お風呂は朝7時から夜8時まで、
トイレは1階奥、2階階段脇の部屋のテレビはご自由に、など教えてくださる。


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館


風呂場の前に立つと、小さな湯音が聞こえた。
ここでは玉子臭は玄関よりも濃く、わくわくする。


柴原鉱泉 菅沼館 柴原鉱泉 菅沼館




柴原鉱泉 菅沼館

11℃の源泉を溜める桝に、細く冷鉱泉が落ちる音がチョロチョロと響く。


柴原鉱泉 菅沼館

お風呂にはふたがしてあり、3枚の大きなボードを自分で開けて脇に置いて入る。


柴原鉱泉 菅沼館

黒ずんだ木の湯桶類は、きちんとひとまとめに置かれていた。
シャワーとカランはあるが、使えない。

シャンプー&リンス、ボディソープ、石鹸あり。

柴原鉱泉 菅沼館

2人でちょうどいいくらいの、小さな湯船。8時にお湯を落とし、毎日お掃除される。
ふたを取る。

このお湯でかけ湯して体を流す。

そのお湯のヌルヌル感に驚く。

柴原鉱泉 菅沼館

冷たい源泉でもかけ湯する。こちらはお湯を体にかけたとたん、全身を玉子臭が覆う。

柴原鉱泉 菅沼館

窓の外は、裏の山の斜面の風景。
源泉を通す管が目の前に通っている。

柴原鉱泉 菅沼館

つるつる、ヌルヌル、心地よい。
湯面に顔を近づけると、しっかりとした硫黄の香りが漂う。

いいお湯だった。

自動的に温度調整され、ぬるくなってくるとボイラーがゴーッと音を立てはじめ
お湯が熱くなってしまうのが残念だった。

柴原鉱泉 菅沼館

熱くなってくると、上がって源泉を桶にとって体にかける。
もったいないから流さないでバケツに入るように。

これけっこう難しいのよ。こぼさないようにバケツに入れるのは。
最後はアングルの「泉」の如く “くの字” に体をひねって上半身にかける。すごくいいの~!

でまた湯船に入る。このバケツのお湯も湯船に投入。



柴原鉱泉 菅沼館

1階の廊下。


柴原鉱泉 菅沼館






階段を上がったところ。


柴原鉱泉 菅沼館





角部屋 拾四番。


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館






柴原鉱泉 菅沼館

6時2~3分前に、女将さんが夕食を運んでくれた。

「お待たせしましたね」

柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館

                        日本酒1合300円、ビール大瓶500円。


   柴原鉱泉 菅沼館  柴原鉱泉 菅沼館

ナスは好物ではない。とくに料理によってはだらしなくグニャッとするので。
しかしこの胡麻和えのナスはおいしく、そして無意識に食べていたこの緑色のものが、インゲンの香りがするので途中からびっくりしたのだ。

これ、インゲン?

インゲンのスジばった感じや不愉快なグニグニした感じがなく、
パリパリとした歯触り、甘みもあってたいへんおいしかった。
スナップエンドウとインゲンの中間のような色と形、でも食べていると最後にインゲンの香りがあって、新種のインゲンだろうか?

いずれにしてもおいしい野菜であった。




柴原鉱泉 菅沼館






柴原鉱泉 菅沼館

女将さんにお願いして(1人なので)、ボイラーを止めていただいた。
女将さんはお湯がぬるくなってしまうことを心配されたが、私はぬる湯好きであることをお話しして。

ぬるいお湯に入りたかったこともあるが、私はこの細い源泉の落ちる音を聞きながら入りたかったのである。

定期的にボイラーの音がするとこの小さな音が霞んでしまうのだ。

柴原鉱泉 菅沼館

貴重なお湯である。

先日の道南、奥美利河温泉 山の家の感動の直後で、あの滔々と押し寄せるお湯の光景とは対照的に、
ここでは毎分1.8リットルという僅かな湧出の冷鉱泉を、流れともいえないくらいの僅かな、その滴を、
大事に大事に集めて湯船に入れて沸かしてくれるのである。



柴原鉱泉 菅沼館

裏の山のほうから湧出するこの貴重なしずくは、量は僅かでも絶えることなく湧いているらしい。
女将さんに「いつごろから?」とお尋ねしたら

「ずっと昔から」というお返事で、創業何年、とかいう誇示は皆無。


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館

溜める桝の縁まで満ちると、小さな穴からバケツにしたたっていく。

柴原鉱泉 菅沼館




そのしずくの1滴1滴が、
キラキラと輝きながら下のポリバケツに落ちていくのであった。

これもまた感動以外のなにものでもない。




柴原鉱泉 菅沼館

翌朝6時45分に、女将さんが新しいお湯と梅干しを持って
「お風呂沸きましたよ~」



柴原鉱泉 菅沼館

お茶を飲んでから沸かしたてのお風呂に。

そのお湯は香りもぬめりも、その透明感も、素晴らしかった。

しかし出てくる源泉の量がとても少なくなっていて、
私の目の前でこれが途絶えてしまうのではないかとハラハラした。

一条の流れにさえならないくらいの量で、もしこれが止まってしまったら!
これでは毎分1.8リットルどころか、その4分の1にも満たないのではなかろうか…





柴原鉱泉 菅沼館

7時半ちょうどに朝ご飯。




柴原鉱泉 菅沼館

鮭も、おからも、ご飯もみそ汁もおいしい。




柴原鉱泉 菅沼館

宿の前の1本道を歩いてみる。



柴原鉱泉 菅沼館

ベコニアと百日紅が満開だった。

柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館


           柴原鉱泉 菅沼館   柴原鉱泉 菅沼館






柴原鉱泉 菅沼館

帰って部屋に戻る時に、風呂場から聞こえる湯音が、さっきと違っていた。
なんだか音がジャバジャバ大きいような…

入ってみて驚いた!

さっきは頼りなくしたたっていた源泉が、いまは勢いよく迸っているのだ。


柴原鉱泉 菅沼館




湯桶を差し伸べると、
あっという間にいっぱいになる。

嬉しいやら安心するやら。

まことにお湯は、自然のもので、
自然ととも息づいているのだということをここでも目にすることができて、

そしてそれがたいへんありがたかった。


柴原鉱泉 菅沼館

激しくまっすぐな雨が降ってきた。





柴原鉱泉 菅沼館

連泊はお昼付き。もり蕎麦。12時ちょうどに女将さんが持ってきてくれる。

バターロールはデンプン&デンプンで私はちょっと無理だけど
お蕎麦では足らない人への配慮でしょうか。





柴原鉱泉 菅沼館






柴原鉱泉 菅沼館

6時ちょうどに夕食。

いいお湯に入ってこんなふうに規則正しい生活を10日間くらい続けると、人はどんどん健康になっていくのだ、きっと。

柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館


柴原鉱泉 菅沼館

10寸四方のお盆の上の一汁三菜。

毎日変えてくれるお惣菜、バランスも良くおなかいっぱい、十分においしく、
これが食事の理想かも。

ごちそうさま。





柴原鉱泉 菅沼館

「おはようございます、お風呂沸きましたよ~」

「は~い」

柴原鉱泉 菅沼館

翌土曜日も1人だった。

昨夜「明日の土曜はお客が来るでしょう?」と聞いたら
「いえ、明日もお1人ですよ」と言われて驚いてしまった。

ブタインフルエンザの影響で、キャンセルが出ているらしい。

そして
「部屋の指定する人もいるのでね」と言われ
思わず
「え? この部屋を? 私この部屋でなくてもよかったのに!」と言ったら
女将さんは笑いながら手を左右に振って、廊下を去っていった。

柴原鉱泉 菅沼館

土曜日にこの部屋を指定して泊まりたかった客がいたようである。


柴原鉱泉 菅沼館











柴原鉱泉 菅沼館







柴原鉱泉 菅沼館






柴原鉱泉 菅沼館

朝は爽やかに晴れた。

柴原鉱泉 菅沼館

風鈴がチリリンと小さく鳴って、夏の終わりを告げた。

柴原鉱泉 菅沼館

網戸にへばりついて羽を乾かしている蝉も、あと少し頑張らなくちゃね!


柴原鉱泉 菅沼館

武州日野駅までの道を教えてもらって、帰りは歩いていくことに。

柴原鉱泉 菅沼館

正統湯治宿に泊まると、
かつては当たり前に誰もが持っていたもの、
しかし今では希薄になってしまったもの、
揺るぎない倫理感、を感じる瞬間がある。

それはいまの自民党の政治屋さんにいちばん欠けていたものかもしれない。

柴原鉱泉 菅沼館

停滞した水は濁って腐る。

日本人がいくら我慢強い国民性だろうと、限界というのはあるのだ。

1901年

中江兆民が口頭ガンで余命1年半という宣告を受け、
その後4カ月ほどで「一年有半」を脱稿した年である。

先の衆議院選挙の結果、解説者たちは口々に
「民主党が勝つと思いましたが、これほど圧勝するとはね~」と言っていた。
ふと思い出して「一年有半」をひもといてみた。

自身の死と向き合う日常をつづり、そして新聞から得られる、時の政治に関しての記述も多い。
そこには日本人の長所も短所も、冷静に書かれている。

「… 其独造の哲学無く、政治に於て主義なく、政党に於て継続無き、其因実に此に在り、此一種小怜悧、小巧智にして…」

そして「極めて常識に富める民也」

うわあ…



柴原鉱泉 菅沼館

幸徳秋水は中江兆民の死後
「先生死すと雖も、猶ほ生けるが如し」と記したが、

確かに! 
108年後の今も中江兆民の言葉は「生けるが如し」である。


柴原鉱泉 菅沼館

イチロー選手が、9年間連続200本安打を達成との明るいニュースで
世の中は号外が出るほどの盛り上がりだった。
イチローが破ったその記録は1901年に作られたものだそうである。

108年前にアメリカのメジャーリーガーによって樹立された記録は
時代が変わって日本人の天才選手によって更新された。


私は40分ほど歩き、武州日野駅の手前にある道の駅で、
農家のおじいちゃん&おばあちゃんが腰かけて売っている野菜の中にインゲンを見つけて買って帰った。

パリパリ、サクサクとした味わいのその野菜は
あきらかにかつての<ドジョウインゲン>と呼ばれたインゲンとは違うもので、
時代と共に野菜も変わる。


そしてもちろん、変わるのは野菜だけではない。



武州日野駅に着くと、秋の日差しは強く、
しかし木影には爽やかな風が吹き抜け、

夏の余韻の青空が広がる奥秩父の風景が広がっていた。









トップに戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM